個人輸入でしか手に入らないED治療薬!

日本でも勃起不全の治療が進んできており、病院でED治療薬は処方してくれます。しかし数多くあるジェネリック医薬品については個人輸入でしか手に入らない場合もあります。

ED治療薬の個人輸入についてパソコンで調べている男性

インドで製剤されたED治療薬=ジェネリック?

医薬品の新薬には開発元の権利を守るために20年~25年の特許期間が設けられています。
この特許期間中は開発元が新薬の独占製造・販売が可能となっており、収益を得ることが可能です。

しかし新薬の開発には数億円という費用が掛かっているため、その費用を回収するためにも薬価が高めに設定されているのがネックです。
すると低所得家庭では満足な治療を受けることができないというリスクも生じてしまいます。
そこで、所得に関係なく十分な治療を受けられるように特許期間後は他の製薬メーカーが新薬と同じ成分・製法で医薬品を製造していいことになっており、ここで開発されるのがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は新薬の成分や製法に倣うため開発費用はかからず、そのため安く市場に提供することが可能となっています。

さて、これを踏まえると特許期間中の新薬のジェネリック医薬品は製造されないことになっているのですが、実は特許期間中でもインドで製剤されたED治療薬のジェネリック医薬品が存在します。

医薬品特許には成分特許と製法特許が存在しますが、インドでは製法特許しか認めていません。
つまり、同じ成分を用いても製法を倣わなければ医薬品特許法違反には当たらないのです。
よって特許期間の中でもインドで製剤されたED治療薬が存在します。