個人輸入でしか手に入らないED治療薬!

日本でも勃起不全の治療が進んできており、病院でED治療薬は処方してくれます。しかし数多くあるジェネリック医薬品については個人輸入でしか手に入らない場合もあります。

ED治療薬の個人輸入についてパソコンで調べている男性

ベトナムの例からみるED治療薬とチョビヒゲ薬局の役割

ベトナムで購入したED治療薬を服用した際に、呂律が回らなくなり重篤な副作用が生じた事故がありました。これはベトナムだから起きたというわけではなく、海外の品質保証が確証されていない場所で医薬品を購入するとこのようなケースがあります。中国でもそのような事故が起きました。それほど海外で医薬品を購入するというのはリスクが伴う行為であることを自覚しておきましょう。その上で個人輸入代行業者を利用するべきです。

ベトナムの医薬品はあまり見ることはありませんが、個人輸入代行業者のチョビヒゲ薬局には海外の医薬品を購入することができます。チョビヒゲ薬局というサイト名になり、まるでネット通販を利用している感覚で海外の医薬品を入手することが可能です。輸入と聞くと手続きがあるように思えますが、そのようなものはありません。ただルールがあり個人で服用するケースである場合に限り、購入が可能です。他人に渡したり売るという行為は法律に触れますので注意してください。これはチョビヒゲ薬局だけではなく、すべての個人輸入代行業者に当て嵌まります。

もちろんED治療薬も購入することが可能です。ただED治療薬というのは医薬品になりますので、服用してはいけない患者さんもいます。たとえば狭心症といった心疾患を抱えている方や、肝臓に障害がある方は服用できないことが多いです。服用を検討しているのであれば、まずクリニックで一度診察を受けてからED治療薬を服用できる体であることを確認して、個人輸入代行業者から購入しなければなりません。副作用を甘く見ると後悔してしまいますので、必ず診察を受けたからネット通販でED治療薬を購入し服用しましょう。
海外の品質保証が確証されていない場所で医薬品を購入するリスク