個人輸入でしか手に入らないED治療薬!

日本でも勃起不全の治療が進んできており、病院でED治療薬は処方してくれます。しかし数多くあるジェネリック医薬品については個人輸入でしか手に入らない場合もあります。

ED治療薬の個人輸入についてパソコンで調べている男性

入院当初は必ずED治療薬服用を申告しよう

狭心症の方が服用している医薬品とED治療薬は併用してはならない狭心症の方が服用している医薬品とED治療薬の相性はとても悪く併用してはいけない薬となります。そもそも狭心症の方が性行為のような激しい運動をするのが禁物になっています。また心臓病と高血圧は密接に関わっており、そして高血圧はEDになるかの素性もあります。動脈硬化などで血液がうまく循環されず、勃起不全になることもあります。そのようなことから心臓病の方がED治療薬を服用してしまい、大きな副作用を受け発作が起きる事故も発生しています。

たとえば緊急搬送される際や、入院当初は必ずED治療薬を服用していることを医療従事者に伝える必要があります。この申告をしなければ、正しい治療を行うことができず、最悪命に関わることもあります。よってED治療薬を服用していることを必ず伝えてください。最近多いのは、EDであることが恥ずかしいという気持ちから、なかなか医療従事者に伝えることができない患者さんも多いようです。EDは男性であれば誰でも罹患する可能性がある病気であり、恥ずかしい病気ではありません。しっかりと医療従事者に伝えるようにしてください。

パートナーや奥様であれば男性側が医薬品を服用していることを認識しているケースが多いですが、それ以外に場合そのようなことを知らずにそのまま発作が起きて病院に搬送され、ED治療薬を服用している事実を知らないまま、通常の処置をして悪化させてしまうということもあります。

医薬品は正しく扱う必要があり、間違った使い方をすると大きな副作用に見舞われることを知るようにしましょう。最近はネット通販などで気軽にED治療薬を購入し服用する方がいますが、医薬品のことを良く知って服用するようにしてください。