個人輸入でしか手に入らないED治療薬!

日本でも勃起不全の治療が進んできており、病院でED治療薬は処方してくれます。しかし数多くあるジェネリック医薬品については個人輸入でしか手に入らない場合もあります。

ED治療薬の個人輸入についてパソコンで調べている男性

日本と海外のジェネリック医薬品の普及率の違い

ジェネリック医薬品とは、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」において、新薬と同様の有効成分でつくられていると認められた医薬品です。
後発医薬品とも呼ばれます。
ジェネリック医薬品に認められるためには、厳しい基準や規制をクリアする必要があります。

日本と海外では、ジェネリック医薬品の普及率に大きな違いがあります。

2013年度において日本の普及率は40%ですが、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ等の先進諸国では、60%を超えています。
フランスのように、短期間で普及率が急上昇し、60%に達した国もあります。

普及の要因として、ジェネリック医薬品の価格が新薬に比べて安いことが上げられます。
どの国も医療費増大に苦慮しており、その対策としてジェネリック医薬品を勧めているのです。
また患者が服用しやすいよう、工夫されていることもあります。

日本も、2018年3月末までに普及率を60%以上にする目標を立て、取組みを強めています。
少子高齢化が急速にすすむ日本にとって、医療費増大は深刻な問題です。
その負担軽減の手段のひとつとして、厚生労働省はジェネリック医薬品の使用をすすめています。
また患者からも、医師や薬剤師と相談し、ジェネリック医薬品使用を希望することができます。

インターネット上に関連のWEBサイトがありますから、それを参照するなどして、知識や情報を得ることが大事です。